top of page

竹飯盒と竹食器つくり



11月13日(月)は、三宅小学校の振り替え休日。

この日、島の小学生と未就学児、保護者20名弱がクラブハウスに集まり、

竹飯盒と食器つくりに挑戦しました。

島は、孟宗竹が少ないのですが、知り合いの竹林で竹を切らせてもらって準備。

まずは、子ども達が手のこや鉈を使って飯盒作りにチャレンジ。そのあと、各自の

汁を飲むお椀と箸作りをしました。保護者の皆様もマイカップと箸作りに夢中になっていました。

飯盒ご飯は、防災かまどを設置し3本作りました。

順調にご飯が炊き上がり、また、自分の竹食器も作れてご飯タイム。

お椀で豚汁、器に飯盒ご飯を入れて「いただきま~す」

竹で炊いたご飯の味はいかがでしたでしょうか。

また、マイお椀で飲む豚汁は美味しかったでしょうか。


午後は雨も上がり、子ども達は外で遊び、マシュマロ焼きのおやつも食べました。

サプライズとして、はんちの誕生日もお祝いしてもらいました。


次回は、12月18日、火起こしプログラムを予定しています。

薪を切って自分で火を起こし、食事を作る。

初めは、刃物の取り扱いもびくびくしながらですが、何回も続けていくことで、上手にできるようになるでしょう。それが上達のコツです!















閲覧数:33回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page