top of page

火起こし体験 第2弾!

12月に開催した第1弾が好評だったことを受けて、第2弾を1月8日に開催しました。

4組のご家族が参加してくれました。

この日は指導協力者も多く、活動中はもちろんですが、昼食時の交流も盛り上がりました。

特に、昼食は汁物もありましたが、子ども達は、自分たちで起こした「火」で焼き芋を焼き、持参したウィンナーやマシュマロ、芋餅などを焼きました。

おなか一杯、大満足! 

昼食後は、クラブハウスの畑を走り回りながら、冬休み最後の日を楽しんでいました。

活動の最後は消火作業。みんなで協力して放水をして完了。


「火」は、生活をするために無くてはならない大切なものです。各家庭にガスや電気が通っている生活が当たり前ではないことが、1月1日に起こった「能登半島地震」のニュースで知ることができたのではないでしょうか。

いつ起こるか分からないのが災害です。何があっても、自分で火を起こし、煮炊きができれば生きていけます。そんな学びの一助になれば幸いです。

これからも毎回、「火起こし」を入れて活動を行っていきますので、みんな、当たり前に火が起こせるようになると思います。






















閲覧数:20回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page